So-net無料ブログ作成

もち麦 効果

スポンサードリンク




みなさん今晩は!


久しぶりに記事を更新しますね!


今日ご紹介するのは『もち麦』です。



私は『もち麦』って聞いたことがなかったんですが読者の皆さんは知ってましたか!?


『もち麦』って何!?
もち麦は、ビールの材料や麦茶、麦ごはんなどで使われている大麦の一種で、お米にうるち米ともち米があるように「もち麦」はもち性の大麦です。


もち麦は食物繊維の含有率が高く、特にお米や小麦に比べてβグルカンという水溶性の食物繊維が多く含まれていて、最近ダイエット食品として見直されつつあります。


『もち麦』の効果
【1.ダイエット効果】
もち麦に含まれている食物繊維「βグルカン」には、一緒に食べたものの消化吸収遅くする働きがあり、これにより血糖値の上昇を抑え内臓脂肪やコレステロールを減少させます。

こうして“肥満ホルモン”インスリンの分泌が抑えられるため、肥満を抑制することができます。


【2.美肌効果】
カルシウム、抗酸化作用のあるポリフェノール、お肌の炎症を抑えるビタミンB2、クマやくすみを予防する鉄分など、美肌に大切な成分が沢山含まれています。


【3.大腸ガンの予防効果・便秘の解消】
もち麦は、白米と比べて食物繊維が20倍も含まれています。

そのため、腸の免疫力を高めて大腸ガンの予防効果があるとされています。

上にも書きましたが、もち麦は水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく含んでおり、食物繊維が豊富です。

この2つの食物繊維の作用が働き、便秘がちな方にもオススメです。

【もち麦によるダイエット方法】
朝食と昼食に1膳ずつ、1日2膳のもち麦を食べるのがよくて、白米ともち麦の割合は白米7、もち麦3がベストだそうです。

炊き方は、お水をもち麦の2倍(もち麦50gなら水を100cc)加えて30分程度浸して、炊飯するといいみたいですよ!


これなら無理なくダイエットできそうですね!


私も試してみます!

【その他】
賞味期限:製造日より約9か月(開封後はお早めにお食べください)
保存方法:高温多湿・直射日光を避け涼しいところに保管してください

【送料無料】もち麦500g (国産・無添加)の詳細はこちらから







スポンサードリンク



タグ:効果 もち麦